Please wait...
 
  • 1 ゲスト
  • 2 人
  • 3 人
  • 4 人
  • 5 人
  • 6 人
  • 7 人
  • 8 人
  • 9 人
  • 10 人
  • 11 人
  • 12 人
  • 13 人
  • 14 人
  • 15 人
  • 16 人
  • 17 人
  • 18 人
  • 19 人
  • 20 人
  • 21 人
  • 22 人
  • 23 人
  • 24 人
  • 25 人
アパートメントの長所
アパートメンツ・アパート・ドットコム代表取締役 ・エミル・マジコウスキー
皆様は、ホテルをよくご利用になりますか?
もし皆様がご利用するのであれば、皆様はおそらく、当初は明らかにすることのできなかった点を、しばしば発見することでしょう。正直申し上げると、私は利便性、ルーム・サービス、グランド・ロビー、そして上品なレストランがある、という面において、ホテルが大好きです。しかしながら、しばらくすると、自宅のような快適性と利便性が、恋しくなることがあります。そもそも、アパートメントは、入居者に自由を供与する完璧なリビング・スペースとなるよう、設計されています。このため、入居者は、いかなる通常の活動をも、快適のうちに実施することができます。

では、短期アパートメントとホテル部屋との間には、どのような違いがあるのでしょうか?サービスでは、どのような点が期待できるのでしょうか?ピットフォールは、どのようにして見つけることができるのでしょうか?ここで皆様に、豊富な情報を基づく、より良い宿泊施設の選択をするのに必要なヒントを、ご紹介したいと存じます。
 
????????????
みなさんは下階のグラマラスなホワイエでチェック・インし、部屋への道を進みました。おそらく、その道中、ベルボーイにチップを渡したことでしょう。それこそが、私が到着した時の、第一にやっかいに思うことです。私はスタッフに強要されたように感じます。自分でよろこんで実施できる作業に対し、チップを渡すことを強要されたように。いずれにしても、これは大きな問題ではありません。1ユーロ、あるいは2ユーロ。いかなる害も生じません。

次に、荷物の開梱です。
通常、自分たちだけで旅行している人には、十分な戸棚空間が用意されますが、パートナーもしくは子供たちと一緒の場合、この戸棚空間は数秒間で、完全に使用されてしまいます。私はしばしばスーツケースをバックアップの保管空間として使用しなければならず、スーツケースは常に使用され、他所にしまうことができません。

ひとたび、みなさんは開梱を終えれば、周辺に行き、みなさんご訪問の目的を楽しむことができます。外に行き風景を見たり、会合に参加したりすることでしょう。もしみなさんがご自分のみで来訪された場合は、インターネットをご利用になりたいかもしれません。どのホテルもゲストから、このサービスでかなりの小銭を徴収します。上級ホテルは、インターネットへのアクセスに、最大1日15ユーロを課金する場合があります。みなさんの携帯電話のローミング料率も、おそらくさらに悪いでしょうから、苛立たしいことです。明らかに実際、いくつかのホテルにてインターネットは無料にて提供されますが、最初に確認することをお勧めします。

1日を遊行し、楽しまれた方々は、飲み物を1、2杯飲み終えているでしょうし、夜遅く戻るころには、喉が渇いていることでしょう。その喉の渇きをうるおす唯一の選択肢は、財布を軽くするミニバーを物色をすることです。最近のトレンドは、有料商品により完全に充填された「バー冷蔵庫」。これには、商品の何れかが動かされたことを感知するセンサーが搭載されており、料金を支払わなければならない仕組みになっています。みなさまは、この中にサンドイッチなどを保存することもできますが、この冷蔵庫のおかげで、訪問の期間中、ごみを他所に捨てに行くことが億劫になることでしょう。

ここで一点、みなさんはなぜ一日中遊行していたのでしょうか?理由のひとつは、もちろん、街を見たり、雑用をこなすためですが、人々がホテルに遅くもどる理由のもうひとつは、そこがどうしても、あまり居心地のよい場所ではないためです。 ベッドの中でのテレビは、それが強いられる場合は、それほど贅沢とも思われません。また、ホテルの部屋にゲストを招待することは、ご自分のリビング・ルームに招待する場合と非常に異なり、楽しくありません。ソファ、テーブル、そして椅子が、これほどの差異をもたらすとは。

朝が来て、みなさんは起床をし、準備を始めます。しかし、なぜ清掃員はいつも、みなさんがトイレにいる時にノックをするのでしょうか?どうしますか?ドアまで裸で走るか、もしくは大声で叫んで、彼らが聞こえることに、期待しますか?通常はこれがどういうわけか、効果的です...。

みなさんの場合は定かではありませんが、私はホテルで朝食を食べると、いつも、日を追う毎に、腰に体重を追加しがちです。家にいるときは、自分に合った美味しいものが手に入るので、あまり、コレステロールが乗ったトーストをなどを食べる必要がないからでしょう。
The differences in an apartment
ということで、以上のことが、私が個人的にホテルの部屋に対して感じる主な問題です。プラス面は、部屋は日ごとに清掃され、タオルが豊富に準備され、1日16時間のルーム・サービスが通常提供され、ホワイエには、他の旅行者と待ち合わせするための、バーが用意されております。もし、私が自分の知らない街中で、自分だけで一晩滞在するのであれば、やはり、おそらく、私はホテルを使用するでしょう。

しかしながら、より長い滞在、もしくはひとりよりも多い人数を含む滞在のためには、アパートが最適でしょう。
それぞれは、どのように異なるのでしょうか?

まず第一に:プレゼンテーション。みなさんがホテルをブックする際、みなさんは通常、一番良い部屋の写真を見ます。みなさんがアパートをブックする際は、みなさんの見た部屋が、みなさんの受け取るものです。

チェック・インは通常、アコモデーション付近、もしくは同じ建造物の中にあるオフィスにて、実施されます。ひと晩滞在の場合、この類のチェック・イン手続きは、アパートがオフィスから遠くにあると難儀となるので、その場合は、アパートが近くにあることをご確認下さい。

いかなるルーム・サービスも無く、メイド・サービスがずっと少ない!分かります、分かります、でもグローサリー・ストアに買い物に行けば、みなさんは、数日分の美味しい食品をまさにご自身のキッチンに集めるのに十分なもの、すべてを、数分の一のコストで得ることができます。レストランでの5人分の食事は、1食あたり容易に100ユーロは掛ります。アパートメントは経済性を意味します。それは、清掃にも当てはまります。アパートメント提供者は通常、清掃を依頼した場合にしか、清掃を行ないません。これにより、みなさんはコストを低くすることができます。

経済性に関して言えば、特にゲストが多人数の場合は、アパートメントは通常、顕著なほど安価となり、4人もしくはそれ以上のグループの場合、節約額はさらに増大します。どれほど節約できるかは、みなさんの快適性への好みによります。もし、みなさんたちの中の2人が、ソファ・ベッドを共有することが気にならないのであれば、ワンベッドルームのアパートで4人のゲストが宿泊することができますが、ツーベッドルームのアパートメントであれば、同等の2つのホテル部屋よりも、一層安価に利用することができます。アパートメントの一室に多人数のゲストで宿泊すると、ひとり毎に、ホステル並みの値下げを得ることができる場合があります。

利便性はどうですか?
ビジネス利用者もしくは夫妻子供連れの双方が、アパートメントに利点を感じます。プライベートなビジネス会合であれば、ホテルのベッドに座りながらではなく、アパートメントのリビング・ルームで開催する方が、ずっと簡単であり、夫妻子供も、明らかに、2つの別のホテル部屋よりも、アパートを利用することを好むでしょう。アパートメントは、リラックスセーション、経済性、そしてエンターテイメントのためにデザインされた、みなさん自身の空間です。

プライバシー!
ホテルの中で、しばしばみなさんは赤ちゃんが泣いたり、さらに、薄い石膏版の壁と不十分な遮音材のために、いわゆる他の物音を、夜遅くに聞くことがあります。アパートメントは遮音されていた方が良い。私は、また、リフトへの道中で受付スタッフによって目視されることについて多少自己意識的です。アパートメントは、建造物の共有域でも、みなさんが秘匿性を持つことができる、みなさん自身の空間です。

快適性。
先に述べたようにホテルは、みなさまの持ち物を、部屋中に広げることに向いていません。ホテルの部屋で上記を行なうと、自分のズボンにつまづき、ベッド脇のテーブルに接触し、高い確率で手当てを受ける可能性があります。少しの時間でも屋内で過ごす予定なのであれば、大きさはとても重要です。

そして、安全性は?
もしドアを適切に施錠したのであれば、みなさん自身、そしてみなさんの所有物は、実はアパートメントの方が安全です。常にダブル・ロックすることで、問題ないでしょう。ホテルのホールウェイは、公共域であり、ホテルのドアは、外部者によって容易にアクセスできます。みなさまは、また、ホテルの清掃スタッフの信頼性に期待する必要もあります。私は過去、ホテルの部屋の中で、自分の持ち物を紛失させたことがあります。
Tips on finding the best place for you
これで、私は、みなさんが滞在で期待できる主要な違いをアウトラインしたと思いますが、ここで最も重要な部分です。みなさんは、良いホテル、もしくは良いアパートメントを見つけなければ、みなさんの経験は台無しになってしまいます。そこで、ブックをする前に何を見るべきか、ここで紹介しましょう:

  • みなさんは体に不都合な点がありますか?建造物アクセスとエレベータについて、確認して下さい。
  • エレベーターが無い場合、何階に宿泊することにしますか?
  • インターネットが必要となりますか?これが利用可能となっていますか?どの位のコストがかかりますか?
  • 暑い天気が期待されますか?エア・コンディショニング付きの場所を探しましょう。
  • ロケーション。友達、行楽地、交通に至近。中心地を探しましょう。
  • 建設作業。地域内にいくつか存在しますか?避けましょう。
  • このウェブサイトを使ってブックしましょう。
  • インターネットは、みなさんのお金を目当てにする詐欺師で満ちています。
  • 大半が詐欺である場合が多いため、ウェスタン・ユニオンでのお支払いにはご注意下さい。
  • ひと晩のご滞在でしょうか?アパートメントはチェック・インの場所からどれほど離れていますか?

エミル・マジュコウスキー
アパートメンツ・アパート・ドット・コム最高経営責任者